不動産賃貸と購入はどっちがお得?

不動産購入のメリットとデメリット

住宅は賃貸がいいのか、購入した方がいいのか、誰もが悩む課題です。一生にかかる費用はどちらもそれほど変わらないという説もありますが、実際は個人のライフスタイルに左右されるため、一概にどちらがよいとはいえません。では、一般的に不動産購入のメリットとデメリットとはなんでしょうか。
第一には、何といっても自分の家を持つことができるという満足感、達成感でしょう。最近では、住宅ローンの負担額は家賃並みというケースも多く、金銭的負担はそのままで資産を持てるというのは大きなメリットです。ローンを完済してしまえば、毎月の負担はなくなるため、老後住む場所に困ることもありません。
ただし、マイホームは一度買ってしまえば終わりということではありません。賃貸では管理会社任せにしていたメンテナンスを自分たちで行う必要があります。ローン完済後には、リフォームや建て替えが必要になっているケースも多いはずです。毎年、固定資産税の負担もあります。購入して安心するのではなく、購入後も住宅関連費を積み立てていく必要があります。

不動産賃貸のメリットとデメリット

賃貸のメリットはやはり気軽さでしょう。生活スタイルに合わなくなったり、周辺環境に変化があった場合には気軽に転居できるのは大きな魅力です。子供が生まれたら3LDKのマンションに引っ越し、子供が自立したら2LDKのアパートに引っ越すことができるので、合理的で経済的です。
また、物件のメンテナンスをすべて管理会社任せにできるのも魅力です。物件の設備が故障したら管理会社に電話するだけでOKです。多くの場合、借主の費用負担はありません。
そんな気軽な賃貸ですが、定年退職後もずっと家賃を払い続けなければならないことはデメリットです。年金が思ったより少なかった場合、家賃負担が重くのしかかる可能性もあります。賃貸派は、老後の資金計画をしっかり立てておくことが重要になってきます。